大学の産学連携組織で大学発ベンチャーの支援を行いながら2008年3月に無事QBS(九大ビジネススクール)を修了しました。そして、2010年4月からは、産学連携的な会社の代表取締役社長に就任。2014年6月に任期満了により退任し顧問として活動しています。大学まわりの情報や産学連携に関する情報を独自の視点で発信していきたいと考えています。

2009年08月31日

あかりの夏休みの工作2009(機織り機編)

8月もあっという間に今日が最終日。この時期あかりにとって大変なのが自由研究「夏休みの工作」。過去2年、あかりは大がかりなものを製作してきました。

昨年は「自分が住みたい家

一昨年は「大観覧車

でした。。。ということで、今年のテーマは、、、


「機織り機」。元々は、本でみた


牛乳パックを利用してちっちゃなものだったのですが、これでは全然面白くないということで、木材を使って「ランチョンマット」が編めるくらいのものをつくろうということになったみたいです。

普通だったら、お父さんがのこぎりでギーコーギーコーと手伝うところでしょうが、我が家ではそんなことしません(笑)。アドバイスはしますが、基本的にあかりが自分で「設計」・「製作」を行いました。


のこぎりも自分で使って材料(側板)もカット。


枠の組み立てでは、釘をトンカチで打ち込みます。


毛糸を通すスリットものこぎりを使って、あかり自身がカット。


そうこう(横糸を通すために、たて糸を上下に分ける部分のこと)は、加工が難しいので、段ボールで作り、強度を上げるために全体を木材で囲っています。これもあかりのアイデアですね。

 
こんな感じで編んでいくと冒頭のような感じになります。今回の製作物の面白いところは、機織り機を作ったので、この製作物からいろんなものが作れるということです。単なるオブジェではなく、機械を作ったところが今までとの相違点。しかも、自分で寸法を計算し、自分で加工を行う。。。まさにモノづくりの基本を体験したことは、非常に意義があるモノになったのではないかと感じています。

どんなランチョンマットが出来上がるのか?非常に楽しみです。
  


Posted by 坂本 剛 at 10:16Comments(2)あかりトピック

2009年04月01日

年度末最後の日(温泉付きいちご狩り編)

昨日、3月31日は、平成20年度最後の日。2月、3月は海外出張やQBS関係の用事等で土日の多くが潰れましたので、このところ家族サービスに励んでいます。。。ということで、2月~3月に海外出張した際の振替休日をとり、家族とともにいちご狩りに出掛けました。


妻がいろいろネットで調べてくれたのですが、その中で惹かれたのが「温泉付きいちご狩り」(笑)。四十路を越えると「温泉」という文字に異様に反応してしまいます。

R0022434
ということで、高速を飛ばしていってみると、、、アクアスという温泉施設はありますが、いちご畑がありません。。。??と思い、電話をしてみると、、、いちご畑は全く別の場所にあることが判明。みなさん、上のリンク先をみていただければわかると思いますが、あのようなHPでの表現では、温泉施設にいちご畑が併設されているような印象を受けると思いませんか?

他の場所との差別化を図りたいという気持ちはわからないわけではないですが、これは明らかに行き過ぎていると感じました。私のようなブロガーがこうやってWEB上で情報を発信すると、それはBuzzとなり、クレームとなり拡がっていくことを理解していただきたいと思った次第です。。。

気を取り直してたどり着いたのが、
R0022437
ホワイトベリー」という農業法人さんのいちご畑。

R0022448
40分の食べ放題です。

R0022452 R0022454
あかりはいちごが大好きなので、ガンガンとって食べています。

R0022487
ハウスの中には、交配させるためにミツバチがたくさん飛んでいました。いちご狩り初体験の私は、なるほど!と思った次第です。

R0022481 R0022482
練乳をつけて食べると、これまた美味しいんですよね。行ったのが平日だったので、お客さんが少なく、ハウスはほぼ貸切状態。しかし、そんなにいちごをいっぱい食べれるわけもなく、食べれなかったものは、追加料金を払って持ち帰ることに・・・。
このビジネス、この「持ち帰り」で利益を出しているんですよね、きっと。2パックほどで1000円を軽く越えました。

R0022494
デカいちごを両手に記念撮影していちご狩りはフィニッシュ。温泉施設アクアスに戻り、温泉を堪能、帰路についたのでした。。。
さあ、今日から新年度が始まります。なんだか、いろんな変化がある一年になりそうです。
  


Posted by 坂本 剛 at 12:24Comments(0)あかりトピック

2009年04月01日

マリンワールド(あかり&お友達編)

このところ、あかりが春休みに入ったということもあり、あかりネタが多いですね。ということで、今回もあかりからの要望で、アップします(笑)。

先日お友達のゆうなちゃんと、母親同伴でマリンワールドに行ったようです(ブログへのアップはご了承いただいています)。


ゆうなちゃんとは、同じクラスで仲がいいお友達の一人。時々ゆうなちゃん本人から時々我が家に電話がかかってきます。私が出ると、ビックリしてしまうようです。ちょっと怖いんですかね・・・。

 
マリンワールドは、あかりが生まれたばかりのときに行ったことがあります。下関の海響館とともに、個人的には気に入っている水族館の一つです。あかりも、ブロガーの娘よろしく、カメラで魚をいろいろ撮影したようです。

 
ヒトデやなまこを触ったりして、キャッキャしたそうです。私は触れませんけどね(笑)。

 
私が小さいときの水族館は、本当にシャビーなものでした。まあ「魅せる」という意味では、建築材料等の技術革新(ポリカーボネートなど)により、今の水族館は非常にアトラクティブにできていますね。


あかりもゆうなちゃんと一緒に楽しい一日を過ごしたようです。ママお二人、お疲れさまでした。


しかし、このアザラシ、やるな~



  


Posted by 坂本 剛 at 07:54Comments(0)あかりトピック

2009年03月31日

モノづくり体験(吉野ヶ里編その2)


吉野ヶ里の続きです。

染物を体験した後は、勾玉(まがたま)作り体験です。

R0022401
琥珀は高価で、固く、加工に時間がかかる(2時間!)ので、我が家は高蝋石を選びました。

R0022370
あかりはピンク、私は黒モザイクを選びました。

R0022391
ちょっと小さくて見辛いですが、加工見本の左から右のとおり加工していきます。まずは材料(高蝋石)にスミイレ(形を書く)し、砥石にをこすりながら削っていきます。更に面取り(角をまるくする)して形を整え、水ヤスリで仕上げます。

R0022373 R0022376
まずは、砥石に材料を当て、勾玉の粗い形を作っていきます。ちなみに、あかりの材料は名前(高蝋石)のとおり、削れ易い石のようです。一方、私の黒モザイクはピンクより固く、削るのにかなり力が要りました。

R0022384
ということで、外形を削った状態がコレ。結構上手いでしょ(笑)。私は、以前半導体設備関係の開発エンジニアだったので、ある程度の機械加工はできるんですよね。こういうときに過去の経験が役立ちます。父親の面目躍如です。

R0022387
更に面取りをしていきます・・・

R0022390
あかりも頑張りましたね。少し面取りを手伝い、最終的にはこのような形になりました。

R0022400 R0022398
仕上げに水ヤスリで表面を磨いていきます。当日は気温が低く、水が冷たくて、手がかじかみましたね。

R0022403
出来上がりはこんな感じ。結構よくできたなと自画自賛(笑)。会場では、多くの家族連れが勾玉作りにトライしてました。こういったイベントは、モノ作りを子供に体験させるのに非常にいいチャンスだと思います。時には、手を切ったりするかもしれませんが、絆創膏を貼っておけば治るレベルのことです。このような体験をすると、普段自分が目にしている様々なものが、どういったプロセスで作られているのか?ということに興味が湧くと思うのです。そういった視点で物事を考えると、勉強も、単なる詰め込みにはならなくなるのではないでしょうか?最近、塾も理科実験などに力を入れているみたいなので、更にそのような取り組みを進めていただきたいと思っています。

R0022418 R0022423 モノづくり体験の後は、竪穴式住居や物見櫓などを見学してフィニッシュ。吉野ヶ里は、福岡から小一時間の距離なので、GWあたりに、イベントがあれば、また行ってみたいと思っています。



  


Posted by 坂本 剛 at 08:14Comments(0)あかりトピック

2009年03月30日

モノづくり体験(吉野ヶ里編その1)


一昨日の日曜日には、あかりが春休みに突入ということもあり、吉野ヶ里遺跡がある吉野ヶ里歴史公園に行ってきました。
実は、春休みには某塾の春季講習があったのですが、ここ最近あかりも塾や習字、英会話などで疲れていることもあり、キャンセルしました。
すると、先日、某塾から家に春季講習案内の電話があり、妻がその旨伝えると「えっ~」と言われたそうです。
一般的に、某塾の某コースの生徒はほとんどが講習を受講するみたいで、月謝もなっなんとはじめから天引きされることになっているようです。そして、受講をキャンセルする場合に、払い戻しをするんだそうです。ビジネス面でいうと、素晴しいと思いますが、カスタマーからすると「てめ~な~」と言いたいところですね(笑)。

R0022315
ということで、ETCも付けたこともあり、高速道路に乗って吉野ヶ里に向かいました。

R0022331 R0022333

当日は、春休み特別体験というイベントが行われており、勾玉づくりや染色体験ができました。

R0022341
まずは、染色体験。茜(あかね)やくちなしで綿のハンカチを染める体験コーナーです。

R0022347
こんな感じで、輪ゴムでハンカチの任意の部位を絞ります。この輪ゴムの部分に色がつかないので絞り模様ができるのです。

R0022350 R0022352
染料を煮立てたツボにハンカチを入れ、10分経つと右の写真のように色がつきます(今回はくちなしで黄色に染めました)。

R0022356
そして、別の薬剤につけ(忘れました)た後、再度染料につけると、

R0022359
こんな感じになりました。

R0022365
水で濯いで干すと、

R0022411
出来上がり。絞りの模様は、輪ゴムの位置で決まるのですが、さすがあかり、結構いい感じにデザインされています。

このような製造プロセスを体験することは、子供にとって大変いいことだと思いますね。手を汚しながらモノを作った達成感は、大人になるまで忘れてほしくありません。ということで、次は更に難しい勾玉の製作にチャレンジしました・・・。続く。  


Posted by 坂本 剛 at 23:44Comments(0)あかりトピック