大学の産学連携組織で大学発ベンチャーの支援を行いながら2008年3月に無事QBS(九大ビジネススクール)を修了しました。そして、2010年4月からは、産学連携的な会社の代表取締役社長に就任。2014年6月に任期満了により退任し顧問として活動しています。大学まわりの情報や産学連携に関する情報を独自の視点で発信していきたいと考えています。

  

Posted by at

2009年06月30日

太郎源 ファミリーDAY(史上初?編)

最近ドタバタしていてブログのアップも遅れ気味。先々週末のイベントをアップするのを忘れていました。
ずーっと前に、サンフランシスコ在住の友人であるほかやんこと、外村さんからメールが・・・。

今度、家族で南の島にバカンスにいった帰りに福岡で飛行機の乗り継ぎがあるけど、できればその時に福岡のおいしいお魚を子供に食べさせてあげたい+子供と妻をさかもと家に紹介したい・・・

日程を聞いてみると移動日が日曜日(6月21日)。美味しいお魚といえば、太郎源(どうみてもタロゲンを希望している)。しかし、日曜日は休みだし・・・しかも、乗り継ぎの時間が4時間以内。。。

どうしようかと思いつつ、取り急ぎ太郎源の大将の携帯に連絡し、事情を話すと「いいですよ。お店開けますんで」との返事が!


ほかやん家は、奥さま+7 5 3 とやんちゃな世代の子供3人の5人家族。さかもと家だけでもよかったのですが、せっかく日曜日にお店を開けてもらうし、アメリカ在住のほかやんの子供さんと、日本在住の子供の交流ができればいいなということで、同世代の子供さんがいる友人2家族を誘い、多分太郎源史上初?の「ファミリーDAY」を開催しました(笑)。

R0024099
まずは、空港に出迎えに・・・。いきなり石垣からの飛行機が遅延。。。

R0024101
10分遅れで、到着口からほかむら家がでてきました。日焼けした姿がうらやましい・・・あまり時間がないので、タクシーで太郎源別館に直行。

R0024112
なんだかPTAの集まりのようですが(笑)、ここはれっきとした太郎源別館。子供(幼稚園4歳以上)にも、ちゃんと膳が用意されています。大人8名、子供8名の太郎源ツアーです。

R0024119
料理は相変わらずの高レベルの安定感。妻やあかりにとって、昨年の私の誕生祝い以来の太郎源です。

R0024113
おっと、エースもちゃんといました(笑)。

R0024129
焼き物は、福岡に揚がった赤むつで最高のものを大将がゲットしてくれていました!

R0024137
脂ののりが最高でしたね。

ということで、子供たちはというと、
R0024148
最初は、お互い微妙な距離を置いていましたが、すぐに仲良くなり、この通り座敷のあちらこちらで遊び始めました。

R0024158
あかりとほかやん家の長女まりこちゃんはすっかり仲良しです。

R0024141 R0024142
ほかやん家の長男ゲンちゃんは、赤むつの目玉をペロリ。小さいときに本物を食べることは、非常にいいことだと思います。ただ、あかりのように、大トロよりアラがいい!なんて言い出すことがあるのが玉にキズですが(爆)。

R0024183
ついには、子供たちだけで、勝手に記念写真を撮り始めました(笑)。あんなこんなしているうちに、アッという間に2時間半が過ぎてしまいました。

R0024189
ほかむら家と太郎源の大将で記念撮影をし、

R0024193
彼らはタクシーで空港に向かったのでした・・・

最初はどうなることかと心配したのですが、平日だとこれだけの子供を連れて太郎源にいくことはまわりのお客様への迷惑を考えると不可能なことです。逆に日曜日だったので、他のお客さんを気にすることなく太郎源を楽しむことができました。

また、今回は奥さま同士の交流ができたのも良かったとですね。ほかやん妻のまどかさんは、米国で働くワーキングウーマン。私の妻はじめ、友人の奥さまも日本で働くワーキングウーマン。今回のイベントをきっかけに、今後も交流が続けばいいなと思った次第です。

しかし、このような楽しいときを過ごせたのも、休日にお店を開けていただいた太郎源の大将田中さんのお陰です。ありがとうございました!  
タグ :太郎源


Posted by 坂本 剛 at 07:36Comments(0)今日の出来事

2009年06月29日

九大東京オフィス移転披露懇談会


+++
平成21年6月16日(火),18時30分から,東京オフィスの移転披露懇談会を開催しました。
+++
ということで、以前のブログで取り上げた東京オフィスの移転話。先日移転披露懇談会というものが開催されたようです。

詳細はこちら

私が始めて立ち寄ったのは、4月末。そのときには什器関係も揃っていなかったのですが、6月に立ち寄った際には、パテーションや机、イスが整備されていました。有楽町ビッグカメラのすぐ横のビルなので、非常に便利になりました。

東京出張中の空いた時間に、メールのチェックや資料作成ができるのは嬉しい限りです。  


Posted by 坂本 剛 at 08:34Comments(0)九州大学

2009年06月28日

山梨大学発ワイン(お土産編)

先週金曜日、打ち合わせを終え、席に戻ってきてみると・・・

ワインが置いてありました。

QREPの2期生で、九大医学系大学院博士課程に在籍中の具島さんからのお土産です。彼女は現在研究の関係で、筑波大学に数ヶ月間滞在しており、先日私がブログでアップした東京の高島屋で開催された【大学は美味しいフェア】に行ったとのことです。先週末に一時帰福した際にお土産を持ってきてくれました。

それが、

山梨大学発ワイン。海洋酵母仕込のワインみたいです。詳細はこちら

山梨大学のHPをみると、山梨大学は、日本で唯一ワインを科学する大学だそうです。最近、ワインを嗜み始めた私にとっては、興味津々ですね(笑)。ラベルのウラには、製造責任者として相沢さんという方のお名前が記載されています。

これって結構勇気がいることですよね。全ての責任は私にあるとおっしゃっているようなものです。それだけ自信、このワインに賭ける気持ちがおありなのでしょう。しかも卒業年度からすると私と同じ世代の方のようです。

飲むタイミングが非常に難しいですが、なにか記念行事の際に開けたいと思っています。とにもかくにも具島さん、ありがとう!





  


Posted by 坂本 剛 at 10:37Comments(1)産学連携

2009年06月26日

喉元過ぎれば・・・


ということで、新型インフルエンザのことがいつの間にか過去のことのように思われる今日この頃。。。

個人的になんだかヤバイな~と思っています。今はこれから夏に突入しますので収束に向かうのでしょうが、冬場に入ると大変なことになりそうです。

昨晩、福岡で震度3の地震が発生しましたが、数年前に福岡を襲った大地震のことを思い出し、災害の準備をきちんとやっているか?と自分に問い直した際に頭に浮かんだのが【喉元過ぎれば・・・】という言葉でした。

そんな中、新型インフルエンザに関するサイトが九大で立ち上がっています。

こちら

ご参照ください。



  


Posted by 坂本 剛 at 07:20Comments(0)九州大学

2009年06月24日

平成21年度合同就職説明会開催事業(二次公募)採択


九州大学には、技術移転機関(TLO)という子会社があります。
名前は、㈱産学連携機構九州

略称は、九大TLO。その九大TLOが応募していた平成21年度合同就職説明会開催事業(二次公募)の公募結果が先日発表され、無事採択されました。採択結果はこちら

合同就職説明会開催事業とは、経済産業省が、日本商工会議所に委託して実施している事業で、

+++
中小・小規模企業は、これまで大企業と比較して優秀な人材を確保するという点において厳しい面があったが、今般の雇用情勢の変化は、中小・小規模企業が優秀な人材を確保するチャンスと捉えることもできる。こうした状況を踏まえ、普段は大企業に向かいがちな学生や内定取消し者・即戦力となる求職者等と中小・小規模企業とを引き合わせるべく合同就職説明会を大
学ごと、地域ごとに実施する。これにより、中小・小規模企業にとって将来性豊かな人材や経営基盤強化に資する即戦力人材の確保を支援することを目的とする。
+++
ということで、九大TLOの場合、九大内で、地域の中小・小規模企業の就職説明会を実施する事業です。

九大といえば、大企業指向というイメージがあると思います。基本的にその通りだと思いますが、そもそも

〇地域の有望な中小企業の情報が学生に届いていない

という課題があります。また、学生にヒアリングしても、仮に有望な中小企業やベンチャー企業に興味があっても、そのような企業情報は大企業のように情報を取得するのが難しく、それらについて何も知らない状態で就職活動に突入してしまうようです。

事業的には、集客面含め、九大のアクティビティの高い学生の協力を得ることが本事業の成功のカギを握るのではないかと思っています。年内に2回就職説明会を開催する予定。どうなることやら(笑)。
  


Posted by 坂本 剛 at 07:47Comments(0)産学連携

2009年06月23日

【再掲】生まれ来る「いのち」のために

先日ブログでアップした「生まれ来る『いのち』のために」-環境問題から見た地産地消の意味-
というイベント


実行委員の一人である九大芸工院の知足(ともたり)先生からメールをいただきました。
このイベントの告知をしようと思い、事前に今回のイベント関係についてネットで検索したら私のブログが引っかかったそうです。
全く知らない方にブログを読んでいただけるのも嬉しいのですが、知り合いの方からブログを見て連絡を頂くのも、また格別に嬉しいものです。。。ということで、今回はテキスト形式で告知文をいただきましたので再掲させていただきます。
ご興味のある方、是非ご参加くださいね。

+++++++++++++++
お金に頼らない暮らしと持続可能な社会づくりを提案する田中優さんをお招きし、「地産地消」をキーワードに環境問題の現状と
その対策について、話していただきます。後半は、西日本新聞「食卓の向こう側」取材班キャップの佐藤弘編集委員の司会で、田中さんと「大地といのちの会」代表の吉田俊道さんが対談。東と西で大きなうねりを起こしている2人の活動が、福岡で融合します。

ホームページ
http://www.design.kyushu-u.ac.jp/~tomotari/umarekuru.html

日時: 平成21年7月4日(土)   15:00開場、
15:30開演
場所:  住吉神社能楽殿 (福岡市博多区住吉3-1-51
TEL 092-291-2670 )
※会場には冷房設備がないため、暑くなることが予想されます。マイうちわをご持参ください。

入場料: 前売り券 1500円 (中学生以下は当日会場で
500円)
主催: 「生まれ来る『いのち』のために」実行委員会
後援: もやいバンク福岡、九州産直クラブ、食育推進ネットワーク福岡
     大地といのちの会、タカコ・ナカムラwholeFoodス
クール、西日本新聞社

プログラム:
15:00  開場
15:30  NUU(ライブ&トーク)
16:20  田中優(講演)
18:00  田中優、吉田俊道、佐藤弘(座談会)
18:45  閉場


お問合せ:「生まれ来る『いのち』のために」実行委員会 事務局
電話 090-5020-0404(安武)

■出演者
□田中優(たなか・ゆう)
1957年、東京都生まれ。地域での脱原発やリサイクルの運動を出発点に、環境、経済、平和など、さまざまなNGO活動にかかわる。「未来バンク事業組合」理事長、「apbank」監事、「中間法人 天然住宅」副代表。著書に『非戦』(幻冬社)、『地球温暖化/人類滅亡のシナリオは回避できるか』(扶桑社新書)『環境教育善意の落とし穴』(大月書店)など。

□NUU(ぬぅ)
詩を書き、曲を産み、唄う人。保育園やオーガニックレストランなど、うたう場所を問わず、生活の中に歌と笑顔を届ける。NUUとは本名のイニシャル"N"と、人や物すべての"YOU"を"U"に置き換え、私とあなたがいて、初めて唄えるNUUになれるという意味。最新作は草野心平の詩に曲をつけたアルバム『つんつんつるんぶつるんぶつるん』。

□吉田俊道(よしだ・としみち)
1959年、長崎県生まれ。96年、同県江迎農業改良普及センターを退職。農業に新規参入し、有機農業に取り組む。99年、
「NPO法人大地といのちの会」を設立。生ごみを土に戻し、微生物の働きを確認しながら行う野菜作りなど、感動のある体験型食育活動を展開。著書に『生ごみ先生のおいしい食育』(西日本新聞社)『まるごといただきます』(同)など。

□佐藤弘(さとう・ひろし)
1961年、福岡県生まれ。中学時代、有吉佐和子の『複合汚染』を読み、故郷の野山がおかされているわけを知る。百姓を志し、東京農大農業拓殖学科に進学するも、深遠なる「農」の世界に触れ、実践者となることを断念。側面から支援する側に回ろうと西日本新聞社に入社。現在、同社編集委員として長期企画「食卓の向こう側」の企画、執筆にあたる。
  


Posted by 坂本 剛 at 07:46Comments(0)イベント告知

2009年06月22日

椒房庵とチョコレートショップの共通点

昨日は、米国在住の友人が南の島から東のほうに向かう途中に福岡で乗り継ぎのところ、なぜだかトランジットの時間を4時間あけて途中下車。

なんとか、タロゲンしたい・・・ということで、大将にお願いしてお店を開けていただきました。いやいや、楽しい宴でした。


ということで、友人用のお土産を買いに行ったところが【椒房庵】。地元の老舗久原醤油が自社工場の敷地内でやっているお店です。


実は、まったく別のお店に向かう途中に看板を見てみつけました(笑)。前職で久原醤油のことは知っていたのですが、このような直売店をやっていることは知りませんでした。。。


店内には、醤油、ドレッシングをはじめ、調味料、お菓子、明太子などいろんな商品が並べられていました。


また、特徴的だったのが、ほとんどの商品の【試食】【試飲】が可能だということ。特に、人気商品のあごだし(パック)に関しては、ほぼ飲み放題(笑)。あかりは、なんだかんだ美味しい!といって3杯も飲んでしまいました。私が商品を選ぶ際の基準のひとつが【あかりの舌】。幸いに、いろんな美味しいモノ、本物を口にさせていますので、彼女がうまいというと、ほぼ間違いありませんね。ということで、あごだしはゲットしました。

同じようなことは、私がひいきにさせていただいている【チョコレートショップ】でもいえます。

R0019237
お店に入ると、全てではありませんが、試食が可能なものが多いですし、その量が他のお店とは違います。また、小さな子供には、100~200円相当のお菓子は気軽にお試しということでプレゼントしてくれます。そうすると【今度はあれを買ってみようかな?】と思ってしまいますよね。

ちなみに、椒房庵は、昨日の朝10時くらいにいったのですが、お客さんが滅茶苦茶多かったです。チョコレートショップは、いつでも多いです(笑)。

それと、駐車場から出る際にも、お店の方が外でお辞儀をし、挨拶をされるのも共通点の一つです(非常に気持ちがいいです)。

おもてなしの心が、この不景気の中でも生き残っていく一つの方策なのでしょうね。
  


Posted by 坂本 剛 at 09:11Comments(2)地域

2009年06月20日

ヨットの世界選手権大会 in 唐津

私のブログでは、太郎源、千秋といったお店がよく登場しますが、お陰さまで私のブログを通じてお店に足を運ぶ方が結構いらっしゃるようです。今では、太郎源、千秋の広報部長(?)と呼ばれております(笑)。ということで、今週訪問した佐賀県唐津市。

今後、なにかと関係ができてきそう・・・ということで唐津ネタをアップします。将来的には、唐津の広報部長と呼ばれるかもですね。

唐津の海では、7月の終わりから8月にかけて、レーザーラジアルヨット世界選手権大会という、ヨットの世界大会が開催されるようです。詳細はこちら


市役所には、このようにヨットが展示してありました。


唐津城から海を見下ろしたのですが、福岡とはまた違ったきれいな海です。この海を舞台にヨットの世界大会が開催されます。
唐津市の人口は約13万人だそうです。決して大きな市ではないのですが、このような世界規模のイベントを誘致することができるのも、唐津くんちよろしく地元を愛する市民の皆様のパワーがあってこそなのだな~と思った次第です。

今年の唐津の夏は、熱い夏になりそうですね。  


Posted by 坂本 剛 at 10:25Comments(0)地域

2009年06月19日

東奔西走(福岡~東京~唐津編)

前回のブログでは、東京からのお客さんを向かえたことを書きました(6月16日)。
翌日(6月17日)は、午後から東京に移動。某プロジェクトの打ち合わせを行った後、

最近、福岡のネットワークで話題の【千秋】へ。福岡・東京の友人・知人が、この一ヶ月で多数訪れています。これも【あかりさか効果】でしょうか(笑)。今回は、打ち合わせも兼ねていましたので【はなれ】のほうにいきました。

 
私は、千秋のメルマガを購読しているのですが、先日アップされていた【たらこの天ぷら】【カツオのユッケ】をようやく食べることができました!某プロジェクトは話が前進。また、千秋での打ち合わせでは新たな出会いがあり、新しいコラボ・プロジェクトの話が拡がりそうです。最近、今まで構築したネットワークが本当に有機的に繋がり始めたな!ということを実感しています。人とのつながりをきっかけに具体的な産学連携ビジネス案件が後ろから前から流れ込んできています・・・。

ということで、昨日(18日)の朝2番の飛行機で福岡に戻り、新たなプロジェクトに興味がある人と面談。昼一番で唐津に向かいました。


この度、唐津を舞台とした新たな産学連携プロジェクトの話があり、事前打ち合わせを兼ねて唐津を訪問しました。唐津といえば、学生時代に唐津出身の先輩の家に遊びにいったことくらいしかありません。

 
なので、打ち合わせ終了後には、現地の方のご好意により唐津城を案内してもらいました。唐津までは、天神からバスで約1時間。これからちょくちょくいくことになりそうですね。


夜は、現地の皆様と食事。コチや鱧(はも)を堪能しました。そして、バスで一時間かけて帰福。ふうっ。今日は、別プロジェクトで東京から某企業の方が訪問されます。息を抜く暇がありませんね。。。

  


Posted by 坂本 剛 at 08:12Comments(0)産学連携

2009年06月17日

久しぶりの太郎源(食べログ編)

昨日は、東京からtwitter仲間で某メディア系のプロデューサーであるissoyさんが、仕事で来福。以前から希望されていた太郎源にお連れしました。

私にとっても、久しぶりの太郎源でしたね。今週末、某友人関係でいろいろお世話になるということで、彼から預かったお土産を田中大将にお渡ししました。

ということで、今日は久しぶりに【食べログ】。じっくり料理をご堪能(?)ください。


いつもどおりの大皿に盛られたお刺身軍団。

R0023939 R0023940
九州産を中心としたお魚のスーパースター軍団です。

R0023941 R0023942

しかし、背番号10がいません・・・

R0023944
おおっ。ということで、本マグロの大トロは、にぎりで出てきました。さすがエース、絶品です。

R0023949 R0023951
汁に太刀魚の塩焼 with 自家製カラスミ

R0023953
佐賀牛(あっさり系)に

R0023958
あかむつの煮付け

最後は、お茶漬けにデザートで終了。ごちそうさまでした。

ということで、miseluでつぶやいてみました。。。

こちら1

こちら2

こちらもどうぞ。






  


Posted by 坂本 剛 at 08:11Comments(0)今日の出来事

2009年06月16日

生まれ来る「いのち」のために 


+++
お金に頼らない暮らしと持続可能な社会づくりを提案する田中優氏をお招きし,「地産地消」をキーワードに環境問題の現状とその対策について,話していただきます。後半は,西日本新聞「食卓の向こう側」取材班キャップの佐藤弘編集委員の司会で,田中氏と「大地といのちの会」代表の吉田俊道氏が対談します。
+++
ということで、平成21年7月4日(土)に、住吉神社能楽殿において、地産地消と環境問題について語るイベントが開催されます。

詳細はこちら

九大関連では、以前数度お世話になった、知足(ともたり)先生(芸術工学研究院)が関係されていらっしゃるようです。

最近、【食育】【地産地消】【農業】など【食】をキーワードとした取り組みが注目を浴びていますね。

私のまわりでも、そのような話が多くなってきました。ご興味のある方は、ご参加されてはいかがですか?  


Posted by 坂本 剛 at 07:28Comments(0)九州大学

2009年06月15日

あかりとの協働作業(自転車編)

先週末(土日)は、件の新インフルエンザのため、あかりも外出を控えています。それもあり、以前からやろう!といっていた自転車の【錆落とし】をやりました。


2,3年前に購入した際には、ピカピカだったんですが、ステンレス製ではなかったので、ハンドルや車輪の部分が茶色。錆でほとんど覆われています。

最近、私のジョギングにあかりが自転車に乗ってついてくることが多いのですが、流石にその錆錆(さびさび)の自転車に乗る我が子の姿が可哀想に思えてなりませんでした。。。


自分ひとりでやってもいいのですが、やはりこういう作業もあかりにとって経験の内。また、親子で一緒に作業する機会は滅多にありませんし、私自身、何かと外にでることが多いのでまたとない家族サービスのチャンスです。

親子で怪しいゴーグルを被りながら、サンドペーパーや金ブラシでゴシゴシ磨くこと1時間半。ハンドルは見違えるほどピカピカになりました。翌日(日曜日)に、車輪の部分をやったのですが、こちらはかなり苦戦しましたね。


錆取り自体は100%とはいきませんでしたが、このような作業は、机上の勉強が多いあかりにとっていい経験だったと思います。

なんで錆ができるのか?

なんで油を塗ると錆びにくくなるのか?

ドライバーの使い方

レンチの使い方

まさに将来学ぶであろう理科や科学の基本的なことを身をもって体験できるからです。

また、こういった際に、以前エンジニアをやっていたことが役に立ちますね。親の威厳を保てますので(笑)。

さあ、これから段々忙しくなってきそうなので、頑張らないといけませんね。  
タグ :自転車


Posted by 坂本 剛 at 07:49Comments(0)今日の出来事

2009年06月13日

H21.6月の綾水会


今週の6月9日に綾水会を開催しました。最近は、なんだかんだとブログのアップが滞っていますね。反省。

R0023877
メインプレゼンは、福岡工業大学発第一号ベンチャー企業の【㈱3Dイメージ研究所

福岡工業大学の教授兼3Dイメージ研究所の代表取締役である盧先生(社長)が、ベンチャー企業の経緯、今までの過程および現状の課題についてプレゼンしました。盧先生のプレゼンは、大学教員として実際事業を行っている方の現場でのもがき、苦しみがひしひしと伝わってくるものでした。そのため、ちょっと(かなり?)時間はオーバーしてしまいました(笑)。

今回改めて思ったのが、いい物、いい技術ができた=企業が成功、モノが売れるという方程式が成り立たないということ。

そこには、マーケティング、経営人材等々様々な因子が介在します。ましてや、大学の教員としての責務を果たしながら、大学人が経営を実行することは不可能に近いと思います。特に私立大学の場合、学生に対するサービス貢献度(講義数)は国立大学教員のそれとはケタ違いです。これは、3Dイメージ研究所、盧先生(社長)云々の話ではなく、システム、国の施策の問題・課題だと思いますね。

ある意味、大学発ベンチャーの課題が凝縮されたプレゼンだったと思います。このような課題の解決の一助になるようなプログラムを現在某行政機関と考えています。乞うご期待。

R0023880
ショートプレゼンでは、国民生活金融公庫あらため、日本政策金融公庫の岩下さんから「挑戦支援融資制度の概要」について紹介していただきました。
詳細はリンク先を確認していただくとして、基本的に借り入れして10年は、利息の支払いだけでOK。10年後に元金を一括返済という非常にアグレッシブな融資制度です。ご興味のある方は、政策金融公庫さんにお問合せを!

R0023885
プレゼン後のネットワーキングでは、送れて参加した麻生の馬場さんに乾杯の挨拶を依頼。相変わらずの馬場さん節でした(笑)。

R0023889
今回の綾水会には、シンガポールのCLAIR Singapore(The Japan Council of London Authorities for International Relations, Singapore:(財)自治体国際化協会 シンガポール事務所)から研修のため福岡に滞在しているシャウ ミン ヤン(真ん中)さんが参加されました。当日の午後に九大IMAQを訪問され、九大の産学連携についてのヒアリングをされる予定だったので、せっかくならば福岡の人的ネットワークの実際を体験していただければとお誘いした次第です。
同行されたのが、福岡県の武田さん(左)。武田さんには、5年前の福岡県が実施したSV(シリコンバレー)ミッションでお世話になりました。その後、シンガポールのCLAIRに出向され、今年の4月に帰福。現在は、国際交流関係の部署に在籍されています。

なんだかんだとあっという間に終了。次回は、山笠前夜(14日)ですな。時が経つのが早~い。





  


Posted by 坂本 剛 at 08:30Comments(0)大学発ベンチャー支援

2009年06月11日

新型インフルエンザの影響


[あかりの運動会のときのショットです・・・]

先日のブログでは、あかりの通う三筑小学校で、感染の疑いがある児童が見つかったと書きましたが、10日の福岡市の発表によると、

+++
新たに6名(板付中学校生徒1名、板付小学校児童3名、三筑小学校児童1名及び板付中学校区在住男性31歳1名)の、新型インフルエンザ感染が確認されました。
+++

ということです。まあ、隣の地区ですし、例えば地元の某少年野球チームの構成が、板付小と三筑小学校の児童だということからして、三筑小学校の児童に感染が拡大するのはある意味仕方がないのではないかと思う次第です。

この発表を受けて、三筑小学校は、6月10日から1週間の休校措置を決定しました。私は、本日別用務で休日出勤した振替で休みを取っており自宅にいますが、あかりも休みだけど、休みといっても自宅待機が基本なので、現在wii fitをやっています(笑)。

このような場合、私が勤める九州大学としては、
+++
学生・教職員自身及びその同居する家族に発熱やせき等のインフルエンザの症状がある場合は,速やかに市の発熱相談センターによる相談・指示を受けてから,感染症指定医療機関等において診察を受けてください。新型インフルエンザと診断された場合は,学生にあっては所属部局の学生担当係に,教職員にあっては所属部局の人事担当係に報告してください。
+++
といった形の対応をとるようにと、HP上に公開および、個人宛メールに連絡があっています。

ちなみに、この休校措置により、授業日数が減るのかというとそうではなく、代替として夏休み期間中に一週間は登校しなくてはいけないようですね。

とにもかくにも、この騒動、早く沈静化してほしいですね。  


Posted by 坂本 剛 at 16:16Comments(0)今日の出来事

2009年06月11日

第4回モノづくり連携大賞応募開始


+++
大学改革とともに始まった産学官連携は、日本社会の新たな方向性を築いてきました。しかし今、どの産学グループも似た手法を取るのではなく、各グループの特色や個性を生かした戦略を採る必要に迫られています。主役もトップクラスの国立大学だけでなく、私立大学、中堅大学、高等専門学校など多様化しています。これまで以上に独創的で、多彩なモデルが求められているのです。皆さんのオリジナルな事例を社会へ発信するために、「モノづくり連携大賞」をぜひご活用ください。
+++
ということで、今年もモノづくり連携大賞の応募が始まったようです。このブログでも何度かアップしたとおり、手前味噌になりますが、私が提案したテーマが、一昨年は特別賞、昨年は大賞を受賞させていただきました。

モノづくり連携大賞についてはこちら

第2回特別賞
産学連携コミュニティ「綾水会」における新事業創出
―九大発ロボットベンチャーのロボキャッチャー事業を事例として―
こちら

第3回大賞
九州大学のネットワークを活用した「置けば無線LANエリア!
手乗りメッシュアクセスポイント」の事業化
こちら

さあ、今年はどうしようか?。。。さすがにそんなにネタはないですね(笑)。皆さんの中で、何かお持ちのテーマがありましたら是非応募してみてはいかがですか?

経験者としてアドバイスは可能ですので、お気軽にお問合せください。  


Posted by 坂本 剛 at 12:27Comments(1)大学発ベンチャー支援

2009年06月09日

公園マナー&アサヒメディカルウォーク

ご存じのとおり、私は週末に、自宅近くの公園でウォーキングやジョギングをしています。
最近は、ウォーキングではなくほぼジョギングに移行しており、大体4~6キロ/回走っています。

そこで、気になるのが公園のマナー。特にペットの散歩をされている方々の振る舞いです。

友達同士(?)で道全体に拡がったり、キチンとワンちゃんをリードに繋げていない状態で散歩をさせたりとやりたい放題です。

先日ジョギングしている際に、ワンちゃんが私の前に飛び出しました。それを咄嗟に避けた時に、膝にピリっと痛みが走りました。。。本当に勘弁してよ~という感じです。

お陰で膝だけでなく、腰も痛くなってしまいました(笑)。

ということで、先日サティのスポーツショップに立ち寄った際に、目に止まったのが【アサヒ メディカル ウォーク】



膝のトラブルを予防するウォーキングシューズのようです。しかも、メーカーが【アサヒコーポレーション
昔でいうアサヒ靴ですね。ブリヂストンの源流でもあります。工場が、私の出身高校である明善高校の隣でした。ご存じのとおり、一度破綻し、再生中の会社です。

HPを色々観てみると、九州大学システム情報科学研究院の教員との共同研究の成果でもあるようです。

詳細はこちら

思わず買おう!と思ったのですが、、、、値段がちと高く、断念しました(笑)。ウォーキング用のクツは既に持っていますので、それがダメにならないとママに言い出せないですね・・・そのためには、履きつぶすくらい歩かないといけませんね。  


Posted by 坂本 剛 at 07:12Comments(0)産学連携

2009年06月07日

新型インフルエンザ発生(ご近所編)

+++
6月6日に,福岡市博多区に住む市立板付中学校の生徒が新型インフルエンザに感染していることが確認され,同校ではほかにも発熱の症状がある生徒が8名いることが報道されました。
+++
ということで、ついに福岡市内で新型インフルエンザの感染者が発生したようです。それに対して、九大の対応がHPで公開されています。⇒こちら

感染が確認された生徒は、渡航歴などがないことからどうみても2次感染。つまり、すでに福岡市内のほかの地域でも感染者がいる可能性が高いということではないでしょうか。


九大としては、現時点では、通常通り授業を行うという判断をしています。

ちなみに、、、

+++
福岡市博多区市立板付中学校区に在住の学生,教職員については,感染予防対策に留意してください。また,基礎疾患(糖尿病,ぜん息等)を有する者は重篤化ことが報告されていますので,特に留意してください。
+++
ということで、板付は私が住んでいる町のすぐ近く。距離的に1、2キロの場所です(笑)。特にあかりは注意させないといけませんね。
  


Posted by 坂本 剛 at 14:06Comments(0)今日の出来事

2009年06月05日

ホワイトシップ&ミッドタウン



昨日から東京に来ています。4-5日で数件のアポをこなす予定です。
そして、昨日夕方は、以前九州ナレッジ交流会でお世話になった佐藤さん@日立ハイテクノロジーの紹介である会社を訪問しました。


場所は、六本木。東京ミッドタウンで待ち合わせです。東京に来ても六本木に行くことはほとんどありません。ほぼ10数年ぶりの六本木でした。東京ミッドタウンには九大芸術工学研究院系のスペース【デザイン・ハブ】があります。行ってみようかなと思ったのですが、ミッドタウンが広いのと、時間がなかったので訪問することができませんでした。次回トライしてみたいですね。


夕方6時に待ち合わせをし、某アイドルグループの【剛】君が暴れたという公園(この芝生スペースあたりみたいですね)を通り抜け、訪問した会社が【ホワイトシップ


【コミュニケーションアート】といったキーワードを元に、【アート】を組織改革やビジョンの共有などに応用している非常に面白いビジネス展開を行っている会社・アート集団です。貴美さん(社長)、kuniさん(アーティスト)、佐藤さん@日立ハイテクをオフィスでパチリ。

私自身が内容を充分に把握しているわけではないので、ここで詳細を記載することは控えますが、大手コンサルティングファームや事業会社、ベンチャー企業が注目し、様々なコラボレーションを行っているようです。興味のある方は、是非HPを訪問、また直接アクセスしてみてくださいね。


その後、居酒屋でいろんな話をしました。私自身、アート系の方とコミュニケーションすることがあまりないのですが、なぜだか盛り上がりましたね(笑)。九州ナレッジ交流会をベースにアート・産学連携の新たなコラボができればいいな、などとアイデアを巡らせた六本木の夜でした・・・

  


Posted by 坂本 剛 at 10:19Comments(2)今日の出来事

2009年06月04日

「モズクちゃん講座」


天然もずくと養殖もずくの違いは何!?もずく料理と一緒にもずくを知ろうということで、6月8日に、微妙なイベントが開催されるようです。

詳細はこちら

養殖もずくってあるんですね(笑)。

最近「食育」の重要性が語られ、このようなイベントが多くなりましたね。

そもそも食育とは何なんでしょうか?

ウィキぺディアによると、

「食育(しょくいく)とは、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てることである。」

とあります。詳細はこちら

うーん、なんだか難しい定義ですね(笑)。


もうひとつ、食生活情報サービスセンターというところのサイトによると、

「食育とは、国民一人一人が、生涯を通じた健全な食生活の実現、食文化の継承、健康の確保等が図れるよう、自らの食について考える習慣や食に関する様々な知識と食を選択する判断力を楽しく身に付けるための学習等の取組みを指します。」

とあります。詳細はこちら

うーん、まあよくわかりませんが、我が家では、あかりに対して、食べ物を大事にすることや食事の際のしつけに加え(私自身ができていないという話もありますが)、なるべく「本物」に触れる機会を与えているつもりです。といっても限界がありますけどね(笑)。

というわけで、ご興味のある方は、参加してみてはいかがでしょうか?  
タグ :九大もずく


Posted by 坂本 剛 at 07:31Comments(0)九州大学

2009年06月03日

大学は美味しいフェア

大学ブランドグッズ、大学発の食品を、最近よく耳にするようになってきました。
それらを集めて、6月11日(木)~16日(火)に、東京の新宿髙島屋で「大学は美味しい!!」フェアが開催されるようです。

詳細はこちら

大学発で一番有名なのは、近畿大学の長年の養殖技術に関する研究成果「近大マグロ」ではないでしょうか?

近畿大学発ベンチャー「アーマリン近大」という会社で販売されています。私も以前クエを購入し、太郎源で鍋にしてもらい食べたことがあります(笑)。非常に美味しかったです。

その時の様子がこちら


このイベントには、九大附属農場発の「九州大学製法はかた地どりソーセージ」が出品されるようです。

中には、

〇学生の活動から生まれた商品
〇農場で生産したお米を原材料としたお酒
など、大学の研究成果をベースにしたモノではない「大学発」もありますが、まあ、大学のアクティビティを一般社会に広めるということでは、意味があるのかもしれませんね。

個人的には、山梨大学発の「ワイン」が気になります(笑)。

この時期に東京出張・・・・うーん、難しいな  


Posted by 坂本 剛 at 07:44Comments(2)九州大学