大学の産学連携組織で大学発ベンチャーの支援を行いながら2008年3月に無事QBS(九大ビジネススクール)を修了しました。そして、2010年4月からは、産学連携的な会社の代表取締役社長に就任。2014年6月に任期満了により退任し顧問として活動しています。大学まわりの情報や産学連携に関する情報を独自の視点で発信していきたいと考えています。

  

Posted by at

2010年08月31日

小が大を救済?(キューサイ編)

さっきtwitterでもつぶやきましたが、コカコーラウエストジャパン(以下、ウエストジャパン)が、キューサイを360億円で買収したようです。

キューサイと言えば、福岡に拠点を置く「青汁」で有名な企業です。一方、ウエストジャパンは、コカコーラの地域会社の一つですね。

一般的に日本の場合、企業が買収されたというと、ネガティブな印象があるのではないかと思います。

経営がうまくいかず、救済される形で企業が「買われる」という感じでしょうか。

しかし、今回の記事を読む限り、キューサイは、直近の決算では売上高が287億円、24億円の利益を出しています。一方、ウエストジャパンは、直近の決算で上場以来初の赤字を計上しており、新たな収益源を確保するために今回キューサイを買収したようです。新たな収益源とは、健康食品関係であることは明らかですね。

キューサイは、経営の迅速化を図るためにMBOを行い上場をやめていたと思いますが、今回の買収は、株主にとって、ある意味、EXITだったのではないかと思います。経営者もそのままのようですし、お互いwin-win(現時点では)ですね。

こういった形のM&Aが認知されると、ベンチャー企業にとってEXITの多様化につながり、新たなイノベーションが生まれる苗床が日本でも充実してくるのではないかと思います。

ちなみに、キューサイ側、ウエストジャパン側の両方の経営企画層にQBSの修了生がいます。特にキューサイ側は同級生がいますので、今回の買収劇の裏側には、QBSの修了生が活躍していたことは間違いないですね(笑)。ということで、QBSの大学説明会はこちら

今度、オフレコでいろいろ聞いてみようかな?(笑)  


Posted by 坂本 剛 at 07:40Comments(0)今日の出来事

2010年08月28日

ちょこっと太郎源

8月26日は、朝から大分との県境の近くまで、東京かた来た事業パートナーと行っていました。
夕方までの用件を済まし、帰京の飛行機まで時間があったので、急遽太郎源(本店)に立ち寄ることにしました。同行した一人が、以前から太郎源に行きたい、行きたいと言いながら、なぜだかタイミングが合わなかくて、一度も行ったことがなかったんですよね。それもあって、ちょこっと寄ってみました。とういうことで、


例ののごとくの刺盛り。


夏場ということもあり、真ん中に陣取るのは、マグロではなく佐賀牛の刺身。ある意味、太郎源のなじみの食材の一つです。


マグロとしてお刺身の代わりに堪能したのが、マグロのホホ肉。お刺身でも十分食べられる、対馬沖の本マグロのこの肉を、を焼いていただきました。それが、


コレ。超贅沢なバーベキュー状態です(笑)。


滞在時間は、1時間ちょっとだけだったのですが、東京からの客人には十分堪能してもらえたようでよかったです。今回の来店は、あくまでもFS(フィージビリティ)。次回は、じっくり味わってもらえればと思っています。  
タグ :太郎源


Posted by 坂本 剛 at 13:46Comments(1)今日の出来事

2010年08月23日

九州大学ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー学術研究員公募

九州大学では、本年末を目処として、アントレプレナーシップに関する教育研究組織たる「九州大学/ロバート・ファン/アントレプレナーシップ・センター(仮称)」を新たに設立することにしています。つきましては、本組織において教育研究にかかる企画・マネジメントと組織運営のサポートを担当する学術研究員1名を募集いたします。
ということで、VBLが人材を募集しています。これは、私もブログにアップしました九大の大先輩であるロバート・ファンさんの支援をいただき、今回設立されるQREC(九大版アントレプレナーシップ・センター)のスタッフの募集です。

3年任期、1年更新、給与は日当換算等々、条件は一般企業に比べて不安定です。一方、大学というニュートラルな組織で活動することにより、企業では経験することができないプログラム・体験をすることができますし、産学連携分野において、トップレベルの人的ネットワークを構築することは、本人次第でいくらでも可能だと思います。

私自身、3月まで在籍した知的財産本部で活動させていただいたことにより、多大な人的ネットワークを構築することができました。これは、私にとってかけがえのない財産です。

ご興味のある方、チャレンジしてみてはいかがですか?以下、公募要項です。

****************************

九州大学ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー学術研究員公募

九州大学では、本年末を目処として、アントレプレナーシップに関する教育研 究組織たる「九州大学/ロバート・ファン/アントレプレナーシップ・センター (仮称)」を新たに設立することにしています。つきましては、本組織におい て教育研究にかかる企画・マネジメントと組織運営のサポートを担当する学術 研究員1名を募集いたします。

1.公募人員:
学術研究員1名(肩書:プログラムマネージャー(予定))

2.担当業務:
 ・アントレプレナーシップ教育の企画・運営・支援
・アントレプレナーシップに関する研究・支援
・センター組織運営にかかる業務全般の支援
・国内外の産学官組織との連携業務の支援

3.応募資格
(1)博士の学位を有する者、又は同等の学識、実務経験等の能力を有する者
(2) 上記業務の遂行を行うに足る知識、経験を有すること。なお海外との連携業務があ
るため一定レベル以上の語学力(英語)を有すること。またビジネス界での実務経
験があれば望ましい。 
(3)アントレプレナーシップと国際的視野を有する人材育成に熱意を持つコミュニケー
ション能力の高い人材を求める。年齢は採用時40歳未満を原則とする。

4.雇用期間:
平成22年10月1日又は10月16日*から平成23年3月31日までとし、以後、通算3年 を限度に毎事業年度ごとに更新。(但し当該プロジェクト期間に応じ延長の可 能性有) *採用日については、事情により別途相談可

5.待遇:
九州大学学術研究員等規程及び有期契約職員就業規則により雇用し、給与は同 職員給与規程に基づき学歴・経験・職歴等を考慮して決定。

6.勤務場所:
  九州大学箱崎キャンパスVBL棟(福岡市東区箱崎6丁目10-1)

7.勤務時間等
  9:00-17:45(休憩60分)週5日勤務 有給休暇、年末年始・夏季休暇有

8.提出書類
(1) 履歴書(写真貼付,氏名,生年月日,現住所,学歴,職歴等,連絡先とE-mail)
(2) これまでの研究・教育業績、業務実績等(書式自由)
(3) 志望動機、アントレプレナーシップ人材育成に対する抱負(書式自由)

9.応募期限:
平成22年9月8日(水)必着

10.書類提出先:
〒812-8581 福岡市東区箱崎6-10-1九州大学ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー
封筒に「九州大学アントレプレナーシップ・センター学術研究員応募書類」と 朱記。簡易書留で郵送(応募書類は返却いたしません)

11.選考方法:
書類一次選考の後,面接による二次選考を実施
面接日 9月13日(月):東京 9月14日(火):福岡

12.問合せ先:
九州大学学術研究推進部産学連携課 江藤 
TEL:092-642-7073, FAX:092-642-4363, E-Mail:support【アットマーク】vbl.kyushu-u.ac.jp(【アットマーク】を@に変えてください)  


Posted by 坂本 剛 at 08:21Comments(1)九州大学

2010年08月21日

富士山バナジウム天然水「alivio」

先週我が家に届いたのが、、、、

富士山バナジウム天然水「alivio」

ウォーターサーバーで、富士山の北麓、標高1,000mの高地で160mの深さから採水したバナジウム天然水を気軽に飲むことができるシステムです。

マンション住まいのあかりさか家にとって、水は非常に悩ましい問題です。水道水にフィルターも取り付けているのですが、100%満足できるものではないし、、、、と思ってたところにモニターの募集があり、今回取り寄せてみたい次第です。


外観はこんな感じ。


8Lの天然水容器をサーバーにセットし、


コップに注ぎます。サーバーではお水を冷やすことができますし、お湯を沸かすことも可能です。

飲んでみると、味は確かにまろやか。日本人にとってなじみやすい軟水ですね。予想外だったのが、あかりが気に入ったこと(笑)。グルメハンターのあかりの舌にあう水なのかもしれません。


私は、泡盛をこのお水で割ってみました。泡盛なので、ピリっとくるのですが、後味なまろやかな感じになりましたね。

ということで、現在「alivio」はお友達紹介キャンペーンを実施中!です。

このブログ経由で申し込みすると、初回お届けの水2本(8リットル×2)が無料になるようです。

 特典の受取には、こちらからアクセスして専用の用紙からお申込みいただく必要があります。

申込用紙の紹介者・名前欄にこのブログをみて申し込んだか、ブログタイトルを記載する必要があります。ちなみにメールアドレス欄は何も記載する必要がないようです。

と書いているうちに、この暑さで16Lすべてなくなってしましました(笑)。どうしようかな~


  


Posted by 坂本 剛 at 11:29Comments(0)今日の出来事

2010年08月18日

ツノゼミ(こんなに小さかったのか編)

先日ブログで紹介した「ツノゼミの世界」at 箱崎キャンパス

お盆の中日、8月14日に行ってきました。


場所は工学部本館3F。ポスターが破れているのはなんとかしてほしい・・・と思いました(ご愛嬌ということで)。


3Fに上がってみると、イメージとはかなり異なっていました。。。というのも、


なっなんと、ツノゼミって滅茶苦茶小さかったのです(爆)。私は、セミの仲間で背中にツノ上の部位を持っている昆虫だと思っていたので、大きさも普通のセミを同じくらいの大きさではないかと勝手に想像していたのですが、実際は体長1cm以下の種類ばかりでした。また、展示資料によると、厳密にはセミの仲間というよりも、セミ科に近い「ツノゼミ科」に属する昆虫とのことでした。展示場には、虫眼鏡が置かれており、こんな感じでツノゼミの標本を見ることができます。

虫眼鏡を通して撮影した写真が、


こんな感じ。いろんな形のツノを持っている種類が展示されていました。採取された場所は、ブラジルやマレーシア、フィリピンなど、南米や東南アジアが多かったみたいです。


あかりは、いつものスマイルポーズでパチリ。

こういった九州大学総合研究博物館( @Kyudai_Museum )の取り組みは、社会貢献の中でも大学の保有する様々な資産・知を知っていただくためには非常にいい方法ではないかと思います。


私自身、この展示がなければ、一生「ツノゼミ」という昆虫の存在を知ることはなかったでしょうし、その知識を獲得する手段として大学の「知」が活用されたということになると思います。

夏休み期間中はやっているようですので、ご興味のある方は、足を運んでみてください。  


Posted by 坂本 剛 at 08:06Comments(0)九州大学

2010年08月17日

QBS大学説明会・オープンキャンパス(9期生編)



今年も、QBSの大学説明会・オープンキャンパスに季節がやってきました。

来年度は九州新幹線全線開通に伴い、QBSでは2011 年4 月より新博多駅ビルにて「QBS新博多駅教室」が開設され、平日の夜はほとんどそこで講義が行われるようです。

ということは、九州新幹線を使えば、鹿児島(1時間20分)や、山口・広島あたりまで、場合によって通学が可能になるということです。

そのため、今年は、福岡だけでなく、熊本・北九州でも大学説明会が開催されます。少しでも興味がある方は、教員や在校生・OBから直接話を聞くのが一番だと思いますので、まずは大学説明会・オープンキャンパスに参加されることをお勧めします。

また、このブログでも、私でよければいつでも相談に応じますのでよろしくお願いいたします。以下、大学説明会・オープンキャンパスの日程です。

----------------------------------------------------

①大学説明会 日時:8月20日(金)18:30-21:00 場所:アクロス福岡・円形ホール

②熊本・大学説明会 日時:8月27日(金)18:30-21:00 場所:くまもと県民交流館パレア 会議室7

③北九州・大学説明会 日時:9月3日(金)18:30-21:00 場所:北九州国際会議場11会議室

④オープンキャンパス 日時:9月18日(土)17:30-20:00 場所:九州大学・箱崎キャンパス経済学部棟209教室

------------------------------------------------------------

詳細・申し込みについてはこちら  


Posted by 坂本 剛 at 12:25Comments(3)QBS

2010年08月15日

ロバートファンカップ & ロバートファンさんを囲む会

先週末は、土曜日の早朝から久住に向かいました。
QREP以来お世話になっている九大の大先輩であるロバートファンさんが帰福されており、九大時代の同級生やアイスホッケー部の後輩の皆さん方がゴルフコンペを企画されており、アイスホッケー部OBである貞刈さんのご紹介でそのコンペに参加させていただくことになったからです。

10年前に、1年間くらいゴルフをしていた時期があったのですが、ここ数カ月、ゴルフを再開しようかどうか悩んでいたところ、今回ロバートファンさんとゴルフをご一緒できる機会があるということで、再開することにしました。参加が決まったのが一カ月前、QBSの同級生であるベンチャー弁護士「経営法律事務所北斗」の田畠君に、クラブの選択、練習場へ同行など協力いただき、コンペに臨みました。


しかし、久住・阿蘇は景色がいいですね。360度の大パノラマを楽しむだけでも価値があります。

Exif_JPEG_PICTURE
初日(7日)は「ロバートファンカップ」ということでファンさんの九大工学部時代の同級生である正興電機製作所最高顧問の土屋さんがホストでコンペがスタート。計15名の参加でゲストとして有川九大総長も参加されました。

R0028761
私は、土屋さんに、九経調の森本理事長、アイスホッケー部OBの鶴我さんとご一緒されせていただきました。スコアは・・・なんとか皆さんのプレイをdisturbしないようには出来たかな?という結果でした。。。

R0028776
表彰式は和気あいあいの雰囲気の中でスタート。ファンさんと下宿~学部~アイスホッケー部とずっと一緒で、社会人になっても仕事関係でお付き合いがあった松本さん(現:太平テクノス代表取締役)が80を切るスコアで優勝されました。

R0028771
有川総長からは、ファンさんにゴルフウエアがプレゼントされました。皆さんいい表情されていらっしゃいます。

R0028787
初日のコンペが終了後は、久住から阿蘇に移動して宴席が執り行われました。

R0028793
アイスホッケー部2代目部長である、かねふくの竹内さんの音頭の元、宴席がスタート。アイスホッケー部のOBであり、私にとっては九大の先輩方である皆様と交流することができました。

アイスホッケー部OBの皆さんの特徴は、ほとんどが「リーダー」的な立場にいらっしゃるということ。年齢的にそういった立場にいらっしゃる可能性が高いということを除いても、同じ九大OBグループの中ではとりわけ「代表取締役」「執行役員」「常務取締役」といった肩書きが多いのではないかと感じました。それも、アイスホッケー部の運営自体をファンさんが会社経営のような形で行っていらっしゃったことが影響しているのかもしれないと思った次第です。練習場所の確保、防具購入のための資金調達(アルバイトの斡旋)等々、勉学だけでなく、知らないうちにリーダーとしての資質をアイスホッケー部で学ばれていらっしゃったのでしょうね。

R0028815
二日目の「ロバートファンさんを囲む会」も素晴らしい天気のもと、アイスホッケー部のOB会「博氷会」の皆さんが中心メンバーとして参加されスタート。

私の結果は、前日とほぼ一緒(笑)。これから練習をせないかんですな~

ということで、あっという間に二日間が終了しました。ゴルフのいいところは、プレー終了後にはみんなで一緒にお風呂に浸かり「裸の付き合い」ができること。特に、今回集まった皆さんは、いろんな分野で重要な立場にいらしゃる方ばかりでしたが、お風呂の中、ゴルフのプレーではみんなフラット。ざっくばらんな交流ができました。

次回のコンペでは、プレーでも皆さんと競えるように練習をしておきたいと思っています。
  


Posted by 坂本 剛 at 12:50Comments(2)九州大学

2010年08月09日

アイデア・コンペティション(㈱三松編)

先日7月末で、知人である田名部徹朗さんが、ある会社の代表取締役社長に就任されました。

会社の名前は株式会社三松

福岡地域でも有名な金属加工メーカーです。その三松さんが、創立40周年を記念して、アイデア・コンペを開催されます。



++++
株式会社三松40周年記念アイデア・コンペティション募集要項

わたしども株式会社三松はお客様の夢やアイデアを実現できる「小ロット製造代行サービス会社」として挑戦し続けるべく、まもなく創業40周年を迎えるのを期に、アイデアを広く募集いたします。
++++

詳細はこちら

このコンペが面白いのは、

++++
弊社が金属加工メーカーであることを考慮し、金属を用いた一般生活用具または、ある特殊分野における用具を対象としたデザインを求めます。ある生活シーンに活用でき、生活にメリハリができるような用具を求めます。ただし、金属鋳物ではなく、曲げや溶接などを中心とした金属加工による道具であることを条件とします。
++++

ということで、曲げ加工や溶接技術で可能された一般生活用具であること。審査委員には、九大芸術工学研究院の先生方も名前を連ねていらっしゃいます。

このコンペは、単なるデザインではなく、実用的な生活用具のデザインが対象なので、入賞すると実用化の可能性が非常に高いのではないかと思います。

私も以前から個人的に気になっているテーマ(工具)があるので、デザインは全くの素人ですが、チャレンジしてみようかなと思っています。

ご興味のある方、是非チャレンジしてみてはいかがですか?  
タグ :三松田名部


Posted by 坂本 剛 at 12:43Comments(1)産学連携

2010年08月06日

ECOタクシー(VELO TAXI~東京タワー編)

先日の「あかりの社会科見学ツアー」。前日深夜まで旧友との再会を楽しんだこともあり、東京タワーを過ぎたあたりで、酷暑もありバテバテ状態。次のターゲットである東京スカイツリーへ移動するためにタクシーを使おうと思ってあたりを見廻していると目に入ったのが、


自転車タクシー。二人乗りかな?と思ったら、子供追加であれば乗れるということで新橋まで乗っていくことにしました。

このECOなタクシーは「VELO TAXI」。全国的にネットワークを拡げていて、福岡でも2005年から天神近辺で運行を開始しているようです(確かに見たことあるような気が・・・)。

R0013439
ちょっと窮屈ですが、こんな感じで乗車。

R0013440
時速は大体11キロ。基本は自転車なので、車が走れない道も通れるようです。

R0013441
このタクシー自体が珍しいのか、まわりからの注目度はかなり高く、いろんな方から手を振られたり、屋んキー系のライダーからは「やばくない!」みたいなことを言われました(笑)。

R0013442
ちょっとトラブルはありましたが、無事新橋近辺に到着。一般のタクシーより若干高めでしたが、注目度、ECOを考えると、まあ許容範囲かなと思った次第です。旅の思い出にもなりました。

皆さんも、町で見かけたら体験してみてはいかがですか?  
タグ :VELO TAXI


Posted by 坂本 剛 at 07:49Comments(1)今日の出来事

2010年08月05日

「かがくのえほんとハカセたち」 at 箱崎キャンパス

+++++
★「科学の絵本」を展示中!
少年科学文化会館での公開展示「人のからだ・動物のからだ」と連動し,「ひとのからだ」や「しぜん」をテーマにした科学絵本をチョイスしました。ちょっと大人の息抜きに。親子でゆっくり本読みに。絵本の中に出て来た生き物が,展示室の標本の中にもあるかも?いつもと違う雰囲気を楽しみつつ,ゆっくり読んで行って下さいね!

★そして「ハカセ」も一緒に展示中!
昨年度サイエンスカフェでお話ししてくれた九大の先生達を,ミニパネルでご紹介しています。先生達は子どもの頃,どんな本を読んでいたのかな?どんなことが好きだったのかな?「お固い大学の先生」というイメージが変わります!先生達からのメッセージも探してみてね。
+++++
ということで、先日九大総合研究博物館のイベントをアップしましたが、別のイベントが箱崎キャンパスで開催中です。「かがくのえほんとハカセたち

夏休み中の子供に対する九大総合研究博物館のアクティビティは目を見張るものがあります。

こういった地道な活動を通じ、子供たちが、皮膚感覚で科学・歴史、はたまた九大の歴史的な建造物を感じることで、将来九大を目指そうと思う若者たちに多大な影響を与えることになるのではないでしょうか?

ご興味のある方は、是非体験してみてください。  


Posted by 坂本 剛 at 12:29Comments(0)九州大学

2010年08月03日

あかりの社会科見学ツアー(東京編その4)

先々週末の東京ツアーの続きです。
幼馴染との久しぶりの再会を終え(詳細はこちら)、真夜中三時にホテルに戻り、翌日(といっても当日)は、今回の東京ツアーの第2、というか本来の目的「あかりの社会科見学ツアー」。初日の「築地千秋三代目千秋」では東京の食文化を学び、翌日はベタですが、東京っぽいところを廻りました。


まずは、ホテルのbreakfast buffetで腹ごしらえ?おかしいな?昨晩千秋でお刺身をお代わりしたはずなんですが、、、

朝食後、ホテルを出てまず向かったのが「国会議事堂」。ホテルから近かったので、徒歩で向かったのですが、何せ猛暑の中、トロリーを引きずっての移動。かなり疲れました・・・

R0013366
その前に、首相公邸の前でパチリ。まわりを警護していた警視庁のみなさま、お疲れさまでした。

R0013378
そしてようやく国会議事堂正面へ。日曜日だったので非常に静かだったのですが、我々と同じような観光客が数名いましたね。

次に向かったのが、東大本郷キャンパス。あかりが通っている塾では、国会議事堂や東大の訪問ツアーがあるようです。それとは別途、あかり自身に、今回東京で行ってみたい場所を確認すると、赤門がみたいということでいってみました。

R0013383
まずは赤門前でパチリ。あかりが東大に入学するかどうかはわかりませんが、小学生のタイミングでまずはいろんな大学に行ってみる(物理的に)ことはいいことではないかと思います。

先日、福岡にいらっしゃった吉川さんが、米国ではどの大学にいくか?ではなく、どういったキャリアに進みたいかを子供のころから意識するような教育を行っているということでした。

政治を学びたいのであれば、A大学、リベラルアーツに興味があるのであればB大学をまずは見てみる・体験してみる・・・

先日も、あかりさか家で、あかりの中学受験について親(私たち)がああだこうだといっていると、あかりは「名前や難しさ(難易度)だけ言われても判断できない。行ってみる・見てみる、通っている人にどんなところか聞いてみないと、どの学校がいいか判断できない」と言いました。確かにそうですよね、、、反省。。。

このくらいの偏差値だからこのあたりの学校にいける、という学校の選択の仕方自体が間違っていますよね。親の役目は、子供が自分の進路・キャリア選択を判断できるような材料をできるだけ多く提供することだと改めて感じた次第です。

R0013403
ということで、キャンパス内には名所がずらり。安田講堂でパチリ。

R0013393
生協ではお友達へのお土産をゲット。

R0013406
この時期は、七帝戦(旧帝国大学の体育大会)の季節。今年の幹事校は東大のようです(間違っているかも)。その他、いろいろキャンパス内を歩き回ったあと、向かったのは、

R0013417
超ベタベタの東京タワー。私にとっても、相当久しぶりの東京タワーでした。

R0013421
意外にも東京タワーは大賑わい。はとバスのツアーにも組み込まれているので、外人客が特に多かったですね。

R0013431
look down point でパチリ。いやー大混雑でした。

R0013456
そして、最後にたどりついたのが、東京スカイツリー。2012年に完成予定の、東京の新たなシンボルタワーです。

R0013462
先日、400メートルを超えたと報道されていましたが、私達が行ったときは398メートルでした。まだ工事中ですが、今現在で、たくさんの観光客がスカイツリーを見に、押上付近を訪れていました。

完成後にまた行ってみたいですね。

R0013468
最後に、羽田に向かう途中に、東京駅で「ねんりん家」に並び、バームクーヘンをゲット。空港で夕食をとり、19時過ぎの飛行機で福岡に戻ったのでした・・・。

私の歩数計によると、東京おのぼりコースを廻った総歩数は、25日だけで約17000歩。東京都内を約12キロ「歩いて」動き回ったことにになります。

千秋に行って美味しいお魚を家族で堪能することができたし、いろんなところを廻ることができたので、大満足の東京ツアーでした。次回は、いつになるんだろうかな~



  


Posted by 坂本 剛 at 18:08Comments(1)今日の出来事

2010年08月03日

「ツノゼミの世界」at 箱崎キャンパス

酷暑の中、朝からセミのオーケストラがハイテンションでハードな楽曲(?)を奏でていますね。

ということで、先日ちょっとびっくりしたのが、なっなんと、九州大学総合研究博物館がつぶやいていたこと!(twitterで情報発信を行っているということ)。

旧帝国大学の博物館は歴史的な背景もあり、莫大な歴史的・文化的な資産を保有しています。しかしながら、その維持費用に多大なコストがかかっているのも事実。これらのアセットを活用して最低限の維持費が捻出できるようなシステムができればいいなと常日頃から思っている次第です。

IDは@Kyudai_Museum

みなさん、是非フォローしてみてくださいね。その博物館が現在開催しているのが、「ツノゼミの世界展

小松門入り口に立て看板が設置されていて、この珍しい昆虫の姿が妙に気になっているのです。

場所は、箱崎キャンパスの工学部本館です。ご興味のある方、是非行ってみてください。私もあかりを連れて夏休み中に行ってみたいと思っています。
  


Posted by 坂本 剛 at 15:39Comments(0)九州大学