大学の産学連携組織で大学発ベンチャーの支援を行いながら2008年3月に無事QBS(九大ビジネススクール)を修了しました。そして、2010年4月からは、産学連携的な会社の代表取締役社長に就任。2014年6月に任期満了により退任し顧問として活動しています。大学まわりの情報や産学連携に関する情報を独自の視点で発信していきたいと考えています。

2013年11月05日

最年長は90歳(筑後地区九大同窓会編)

先日ブログにアップしていたとおり、11月2日に久留米で「筑後地区九大同窓会」が開催されました。


当日は、ご来賓を含め70名を越えるOB/OGの方が参加されました。

今回特に力を入れたのが「平成卒」以降九大を卒業された方の参加人数。事務局の方もこの層の参加者を増やしたいという思いもあり、今年は、会費を平成卒以降の方に対しディスカウント(通常6000円→5000円)しました。色々なところに声がけをしたこともあり、昨年は12名だったところが今年は20名の平成卒の方に参加していただきました。

また、私自身、恥ずかしながら、


講演をさせていただきました。手前味噌ですが、概ね好評だったみたいでなによりでした。

そして、今回なによりも驚いたのが、最年長の参加である山下先輩。講演をお引き受けしたこともあり、年長者テーブルに振り分けられたので、丁度山下先輩と隣の席になったこともあり、いろいろお話をさせていただきました。


御年、なっなんと90歳。昭和21年卒の工学部の大先輩です。乾杯の挨拶もされていらっしゃいました。

しっかりとした言葉で、乾杯の挨拶をされていらっしゃいましたし、「母校の高校も大学も博物館になったけど、わたしゃまだ博物館になっとりませんで、現役です」というコメントにみなさん大笑いでした。

会終了後も、階段を手すりを使うことなくサクサクと降りていらっしゃいました。そして、帰り際に一言。

「今日は、忙しくてね。午前中は地元の小学校の130周年の行事に参加し、午後は〇〇(忘れてしまいました)、そして、夕方はこの同窓会。ああ楽しかった・・・」

いやはや、90歳でこのような感じで過ごすことができる人生って素晴らしいなーと思いました。そのためには、まずは健康第一なんでしょうね。前日に、体の自由がきかなくなった父親を見舞ったこともあり、改めてて健康の大切さを感じた次第です。

同期生や後輩と会うのも楽しいのですが、山下先輩のような大先輩をお会いすることができるのも、地区同窓会のいいところです。来年も山下先輩とお会いできること、楽しみにしています。





同じカテゴリー(九州大学)の記事画像
「はやぶさ2」打ち上げパブリックビューイングが九大であるらしい
地域同窓会の課題(筑後地区編)
唐津市と九大の共同研究成果「完全養殖のマサバ」が試験出荷開始らしい
日本人ノーベル賞受賞おめでとうございます!(青色発光ダイオード)
九州大学とUR都市機構が連携したらしい (箱崎キャンパス跡地処分の検討)
第2回生産機械工学科の会
同じカテゴリー(九州大学)の記事
 「はやぶさ2」打ち上げパブリックビューイングが九大であるらしい (2014-11-27 09:09)
 九大祭の雰囲気が変わったなー (2014-11-19 07:11)
 地域同窓会の課題(筑後地区編) (2014-11-17 10:42)
 大学を擬人化してみた、が面白い (2014-10-23 14:54)
 伊都キャンパスにはイノシシがでるらしい。。。 (2014-10-22 15:02)
 唐津市と九大の共同研究成果「完全養殖のマサバ」が試験出荷開始らしい (2014-10-10 16:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。