大学の産学連携組織で大学発ベンチャーの支援を行いながら2008年3月に無事QBS(九大ビジネススクール)を修了しました。そして、2010年4月からは、産学連携的な会社の代表取締役社長に就任。2014年6月に任期満了により退任し顧問として活動しています。大学まわりの情報や産学連携に関する情報を独自の視点で発信していきたいと考えています。

2014年05月08日

世界一大きな授業@九州大学

+++++
「世界一大きな授業」は、世界100カ国でNGOや学校の先生たちが参加する国際的なキャンペーンです。全世界で1000万人近くが参加し、ギネスブックにも登録されています。今回は「世界一大きな授業2014」を九州大学の公開講座として行い、九州大学の学生と他大学の学生や一般の人々が参加して、世界の教育の現状と課題を話し合うことを目的としています(内容は小学生から参加できるものになっています)。
+++++
ということで、5月11日、18日に、「世界一大きな授業@九州大学」というものが、九州大学箱崎キャンパスで開催されるようです。

「世界一大きな授業」ってなんだろう?と思って調べてみたら、そういった名前の世界規模のイベントがあるんですね。⇒こちら

そのイベントを九州大学の公開講座としてNGO福岡ネットワークさんとの共催で開催する、ということのようですね。

世界一大きな授業のHPによると、現在世界に
・学校に通えない子どもは5,700 万人
・文字の読み書きができない大人は7億7,400 万人
もいるそうです。そんな世界の現状に目を向けて、教育の大切さを同じ時期に考える地球規模のイベントが、「世界一大きな授業」とのことですね。

このイベントは、2003 年にスタートして、2008 年には885万人が参加し、まさに「世界一大きな授業」としてギネスブックにも登録されています。

先日TVで、フィリピンの貧困層を救うためにスラム街で教育に取り組む事業が紹介されていました。その事業のリーダーの方が、インタビュアーに「あなたにとって教育とは何ですか?」と質問された際のコメント

「物やお金は奪われるかもしれないけど、教育は決して人から奪われることがない大切な資産です」

が非常に印象に残りました。また、あるファンドマネージャーは「教育とは、長期的に見ると実は非常の投資効率が高い投資です」とおっしゃっていました。

そういった意味で、世界的な素晴らしいイベントと九州大学の公開講座がコラボレーションするのは非常にいいことだなと思った次第です。

ご興味がある方は、参加してみてはいかがですか?


同じカテゴリー(九州大学)の記事画像
「はやぶさ2」打ち上げパブリックビューイングが九大であるらしい
地域同窓会の課題(筑後地区編)
唐津市と九大の共同研究成果「完全養殖のマサバ」が試験出荷開始らしい
日本人ノーベル賞受賞おめでとうございます!(青色発光ダイオード)
九州大学とUR都市機構が連携したらしい (箱崎キャンパス跡地処分の検討)
第2回生産機械工学科の会
同じカテゴリー(九州大学)の記事
 「はやぶさ2」打ち上げパブリックビューイングが九大であるらしい (2014-11-27 09:09)
 九大祭の雰囲気が変わったなー (2014-11-19 07:11)
 地域同窓会の課題(筑後地区編) (2014-11-17 10:42)
 大学を擬人化してみた、が面白い (2014-10-23 14:54)
 伊都キャンパスにはイノシシがでるらしい。。。 (2014-10-22 15:02)
 唐津市と九大の共同研究成果「完全養殖のマサバ」が試験出荷開始らしい (2014-10-10 16:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。