大学の産学連携組織で大学発ベンチャーの支援を行いながら2008年3月に無事QBS(九大ビジネススクール)を修了しました。そして、2010年4月からは、産学連携的な会社の代表取締役社長に就任。2014年6月に任期満了により退任し顧問として活動しています。大学まわりの情報や産学連携に関する情報を独自の視点で発信していきたいと考えています。

2008年07月11日

「田島寮」伝統の樽神


今日の写真は、7月11日ということで、この写真を使ってみました(笑)。

平成20年7月5日(土),梅雨明けとも感じられる猛暑の中,男子学生寮「田島寮」の寮祭の『樽神輿(たるみこし)』が盛大に開催されました。
 『樽神輿』は,寮の各棟に分かれ,赤・青・黄色のふんどし姿の1年生,総勢100人が約800kg の3台の神輿を担ぎ,沿道の市民,先導する袴姿の2年生,水かけを担当する寮生OBからの声援を受け,中央区須崎公園から「田島寮」まで行進するという伝統行事。今回で52回目を数えますが,六本松キャンパスの移転に伴い事実上最後の『樽神輿』となりました。そのため,約50名ものOBの方々も,神輿に参加されました。

ということで、田島寮恒例の「樽神輿」。新聞やテレビのニュースでも取り上げられていました。今年で最後だそうです。。。
これも伊都キャンパスへの移転の流れですね。。
私は、教養部時代(今は違いますが、以前の九大生は、入学して1年半を教養課程として六本松キャンパスで過ごします)、別府1丁目、いわゆる田島のとなりに住んでいました。同期も数名田島寮に住んでおり、あの当時は「ウザイな~」と思っていたのですが、こうやって伝統が失われていくと、九大のよき伝統がまた一つ消えていくという意味で、チト寂しい気持ちになりました

数年前に、妻と一緒に六本松あたりを回ってみたのですが、昔とはずいぶん変わっていました。マンションがたくさんできて、道も新しくなり。。。その中で昔と変わらず建っていたのが「田島寮」。

伊都キャンパスの近くにもドミトリーが建設されていますが、伊都でも将来にむけた、新しいよき伝統を創り上げないといけませんね。それが可能なのが、大学生や大学のいいところだと思いますので。

とにもかくにも、田島寮関係のみなさま、お疲れさまでした。




同じカテゴリー(九州大学)の記事画像
「はやぶさ2」打ち上げパブリックビューイングが九大であるらしい
地域同窓会の課題(筑後地区編)
唐津市と九大の共同研究成果「完全養殖のマサバ」が試験出荷開始らしい
日本人ノーベル賞受賞おめでとうございます!(青色発光ダイオード)
九州大学とUR都市機構が連携したらしい (箱崎キャンパス跡地処分の検討)
第2回生産機械工学科の会
同じカテゴリー(九州大学)の記事
 「はやぶさ2」打ち上げパブリックビューイングが九大であるらしい (2014-11-27 09:09)
 九大祭の雰囲気が変わったなー (2014-11-19 07:11)
 地域同窓会の課題(筑後地区編) (2014-11-17 10:42)
 大学を擬人化してみた、が面白い (2014-10-23 14:54)
 伊都キャンパスにはイノシシがでるらしい。。。 (2014-10-22 15:02)
 唐津市と九大の共同研究成果「完全養殖のマサバ」が試験出荷開始らしい (2014-10-10 16:14)

この記事へのトラックバック
私書箱
私書箱【私書箱】at 2008年08月04日 15:01
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。