大学の産学連携組織で大学発ベンチャーの支援を行いながら2008年3月に無事QBS(九大ビジネススクール)を修了しました。そして、2010年4月からは、産学連携的な会社の代表取締役社長に就任。2014年6月に任期満了により退任し顧問として活動しています。大学まわりの情報や産学連携に関する情報を独自の視点で発信していきたいと考えています。

2011年03月29日

研究疎開【共同研究(被災研究者支援)】

+++++
このたびの東北地方太平洋沖地震に伴う災害で犠牲になられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げますとともに、被災された皆さま、ご家族、関係者の方々に心よりお見舞い申し上げます。一日も早く、被災者の皆様が安定した生活を取り戻されますことをお祈りいたします。 今回の地震は東北、関東地方の大学等の研究機関にも甚大な損害を与え、当面の研究活動に大きな支障があると聞き及んでおります。 このため、九州大学生体防御医学研究所におきましては、被害を受けられた研究者の方々の研究活動の早期回復を目的に、本研究所において研究を継続していただく機会を提供させていただきたいと考えております。
九州大学生体防御医学研究所長  
谷 憲三朗
+++++

ということで、九州大学生体防御医学研究所は、被災された研究機関の研究活動を支援するための取り組みを開始しています。

関東、東北の大学において、特に理系分野の研究に関し、施設や設備が甚大な被害を受けており、研究活動再開の目処がたっていない研究室が多いと伺っていましたが、それらを支援する取り組みが関西、九州、つまり今回被災を逃れた大学、研究機関の間で始まっています。

いわゆる、研究の【疎開】といったところでしょうか。併せて研究・教育を受ける立場である学生にとっても、その機会を奪われている状況で、九大はじめ関西・九州の大学で、学生の受け入れを実施するようです。

言うのは簡単で、実際に実施していくのは大変だと思いますが、日本の科学技術の危機を救うためにも、関係者の皆様のご協力およびご尽力、期待しています。

生体防御医学研究所の共同研究(被災研究者支援)の詳細はこちら


同じカテゴリー(九州大学)の記事画像
「はやぶさ2」打ち上げパブリックビューイングが九大であるらしい
地域同窓会の課題(筑後地区編)
唐津市と九大の共同研究成果「完全養殖のマサバ」が試験出荷開始らしい
日本人ノーベル賞受賞おめでとうございます!(青色発光ダイオード)
九州大学とUR都市機構が連携したらしい (箱崎キャンパス跡地処分の検討)
第2回生産機械工学科の会
同じカテゴリー(九州大学)の記事
 「はやぶさ2」打ち上げパブリックビューイングが九大であるらしい (2014-11-27 09:09)
 九大祭の雰囲気が変わったなー (2014-11-19 07:11)
 地域同窓会の課題(筑後地区編) (2014-11-17 10:42)
 大学を擬人化してみた、が面白い (2014-10-23 14:54)
 伊都キャンパスにはイノシシがでるらしい。。。 (2014-10-22 15:02)
 唐津市と九大の共同研究成果「完全養殖のマサバ」が試験出荷開始らしい (2014-10-10 16:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。